プレスパス!-エンタメ情報を毎日配信-

中井貴一&佐々木蔵之介W主演!お正月を“贋作”が騒がす?!

中井貴一と佐々木蔵之介がW主演、千利休ゆかりの国宝級茶器をめぐって大騒動を巻き起こすコメディ映画『嘘八百』が、18年1月より公開となる。

負け組の男二人が仕掛けた一発逆転の大勝負

嘘八百

大阪・堺。千利休を生んだ茶の湯の聖地に、目利きだが大物狙いで空振りばかりの古物商・小池則夫(中井貴一)が娘のいまり(森川葵)を連れてやって来た。「西に吉あり」。ラジオの占いに導かれるように車を走らせていると、蔵のある屋敷にたどり着く。門から様子を伺うと、主らしい男・野田佐輔(佐々木蔵之介)が帰ってきた。蔵の中を見せてくれると言う。庭にはジオラマ作りに夢中の息子・誠治(前野朋哉)がいた。佐輔は「骨董の事は分からない。これ一つでも車一台は買えると聞いている」と言って茶器を差し出す。則夫は名物に似せた贋物だと見抜き、売りつけた古美術店の名を聞くと、茶器を譲り受けた。則夫は早速、その店を訪ねる。素人に贋物をつかませた証拠をネタに高額で引き取らせる魂胆だ。ところが、店主の樋渡(芦屋小雁)と大御所鑑定士の棚橋(近藤正臣)に軽くあしらわれてしまう。くさっていると佐輔からの電話。屋敷に再び呼ばれた則夫は、書状を見せられ、絶句する。利休直筆の譲り状だ。「お宝でっか?」と尋ねる佐輔にしらばくれる則夫。譲り状があれば茶器があるはず。はやる心をおさえながら蔵の中を探すと、ついに利休の形見の茶器が現れた。国宝級だ。「蔵のもの全部、百万円で引き取りましょう」。すました顔で申し出ると、佐輔は快く応じた。翌朝、支払いを終え、お宝を積んだ車を上機嫌で走らせていると、ラジオから「油断大敵」の声。不安になって箱を開けると、茶器は真っ赤なニセモノだった――

嘘八百

映画『嘘八百』は、不運をつかまされた目利き古物商と腕の立つ陶芸家が、大逆転の仕返しをかねて一攫千金を狙うコメディ映画作品。『百円の恋』で2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した武正晴監督と脚本家足立紳に、NHK連続テレビ小説「てっぱん」などで活躍する脚本家・今井雅子と、強力タッグで完成させたオリジナルストーリーだ。

目利きだが大物狙いで空振りばかりの古物商・小池則夫役を中井貴一、小池とともに大騒動を巻き起こす陶芸家・野田佐輔に佐々木蔵之介と、日本映画界を代表する2人の俳優がW主演で演じる。そのほか、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣らひと癖もふた癖もある超個性派俳優陣が脇を固める。

嘘八百

嘘八百

実力はあるものの不運続きの人生をおくる、負け組の男二人が仕掛けた一発逆転の大勝負。日本映画界屈指の才能が年明けに送り出すのは、嘘八百からまさかのマコトにたどり着く、胸のすくような開運エンターテインメントが、2018年の幕開けを彩る。

映画『嘘八百』は、2018年1月5日(金)より全国公開。

スライドショーには JavaScript が必要です。

(C)2018「嘘八百」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebookでコメントする