プレスパス!-エンタメ情報を毎日配信-

少年と少女、時代を越えた交流『ワンダーストラック』日本公開決定

トッド・ヘインズ監督の最新作となる映画『ワンダーストラック』が、18年4月に日本公開される。

映画賞レースの大本命『ワンダーストラック』日本公開決定

1977年、ミネソタ。母親(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン(オークス・フェグリー)。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズ(ミリセント・シモンズ)は、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。異なる時代に生きた2人の物語はやがて謎めいた因縁で結びつけられ、ひとつになっていく――

ワンダーストラック

映画『ワンダーストラック』は、『ヒューゴの不思議な発明』の原作者、ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を、『エデンより彼方に』『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が映画化する作品。1977年のミネソタに住む、母親を亡くした少年ベンと、1927年のニュージャージーに住む聴覚障害の少女ローズとの、時代を越えた交流を描く作品。

ワンダーストラック

少年ベンを演じるのは、『ピートと秘密の友達』のオークス・フェグリー。少女ローズ役には、自身も聴覚障害を持ち、今回映画初出演となる13歳のミリセント・シモンズが抜擢された。この2人をつなぐ重要な役どころとなる人物を演じるのは、『SAFE』『エデンより彼方に』『アイム・ノット・ゼア』に続き、ヘインズ監督と4目のタッグとなるオスカー女優のジュリアン・ムーア。また少年ベンの母親役を、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムズ演じる。

ワンダーストラック

本作で、原作者のブライアン・セルズニックが、脚本家デビューを果たしているががローズのパートは「白黒でサイレント」、ベンのパートは「カラーで音あり」で描くなど、独創的にその世界観の違いを表現。ヘインズ監督は、脚本の最初の1ページを読むや、瞬く間にその類まれな映画的アイデアに満ちた内容に惹かれたことを明かし、セルズニックの脚本家としての手腕を絶賛している。

第44回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され、第55回ニューヨーク映画祭の目玉となるセンターピース作品として上映されるなど、世界中の映画ファンの熱い注目を集めている本作。今後の映画賞レースの大本命との呼び声も高く、アカデミー賞最有力候補のひとつとなっている。

映画『ワンダーストラック』は2018年4月、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー。

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebookでコメントする