プレスパス!-エンタメ情報を毎日配信-

確かな演技力と抜群の存在感。映画『不能犯』今野浩喜に注目

松坂桃李が初のダークヒーローを演じる映画『不能犯』より、今野浩喜が演じる櫻井の場面写真が初解禁となった。

今野浩喜、先輩風を吹かす?!場面写真解禁!

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは――

映画『不能犯』は、原作・宮月新、作画・神崎裕也の同名人気コミックを実写化する作品。見つめるだけで相手を死に追いやる男を中心に誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴くスリラー・エンターテインメントとなっている。

主人公・宇相吹正役を松坂桃李、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じるほか、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星 水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍ら豪華キャストが脇を固める。メガホンをとるのは白石晃士監督。

嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の”デキる”刑事である、多田(沢尻)には行きつけの店がある。そこは、多田が自ら更生させた元不良少年・タケル(間宮)が料理人を務めるお店だ。そこで、多田とタケルが昔話に花を咲かせていると、ひとりの男が「来たよ!不良・タケルの昔悪かった自慢……」とボソリと言い放つ。それが今野浩喜演じるタケルの先輩料理人・櫻井俊雄だ。

不能犯 今野浩喜

今野浩喜は、『くそがきの告白』で、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012ベストアクター賞・ファンタランド大賞(人物部門)のダブル受賞を果たし、個性派俳優の地位を確立。さらにTVドラマ「下町ロケット」、『ヒロイン失格』、大河ドラマ「真田丸」、TVドラマ「僕たちがやりました」など、ドラマに映画にと話題作に引っ張りだこであり、その確かな演技力と共に存在感を発揮し印象を残し続けており、本作での演技にも注目したい。

新たに届いた場面写真では、TVから流れる、公園で起こったある爆発テロのニュースをみて、憤りを覚える多田と「こういうことってずっと続くんでしょうね」と悲観するタケル、そして興味本位で顔を向ける櫻井が切り取られたシーンもあり、タケルに対して思うところがあるような態度をみせる櫻井が劇中でどんな行動をみせるのかも気になるところ。

不能犯 今野浩喜

映画『不能犯』は2018年2月1日(木)より、全国ロードショー。

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

関連リンク

チャン・ハンユー&福山雅治W主演!ジョン・ウー監督、アノ名作を再映画化
桐谷美玲、“イヤな女”から“イイ女”へ?『リベンジgirl』本予告
黒木華&野村周平W主演『ビブリア古書堂の事件手帖』実写映画化
吉永小百合、映画出演120本目は“北の三部作”最終章

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebookでコメントする