プレスパス!-エンタメ情報を毎日配信-

異文化の壁を乗り越えたその先に待つものとは?

“異文化結婚”の前に立ちはだかる、数々のトラブルと騒動を愛と笑いで乗り越えた実話を描いた映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』の日本版予告映像が解禁となった。

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』日本版予告解禁!

ビッグ・シック

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイル(クメイル・ナンジアニ)は、アメリカ人大学院生のエミリー(ゾーイ・カザン)と付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリー(レイ・ロマノ)とベス(ホリー・ハンター)に出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか?その時、2人の未来の行方は――

ビッグ・シック

映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』は、パキスタン出身のアメリカ人コメディアンのクメイル・ナンジアニが”異文化結婚”の前に立ちはだかる、数々のトラブルと騒動を愛と笑いで乗り越えた実話を映画化した作品。クメイルとエミリー本人たちが脚本を共同執筆、さらにクメイル本人が主役を演じる。メガホンをとるのは、『ドリスの恋愛妄想適齢期』のマイケル・ショウォルター監督。

ビッグ・シック

このたび解禁となった日本版予告映像では、クメイルとエミリーの幸せな交際の様子が描かれる一方、クメイルの兄が白人の彼女というだけで驚き、厳格な母親は次々と独身パキスタン女性とのお見合いをセッティングするなど困難が描かれる。異文化の壁を乗り越えたその先に待つものとは何なのか?本編への期待が高まる映像となっている。

映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』は2018年2月23日(金)より、TOHOシネマズ 日本橋ほか全国順次公開。

スライドショーには JavaScript が必要です。

(C)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連リンク

トランスジェンダー女性が挑む「私らしく、私を生きる。」ための闘い
チャン・ハンユー&福山雅治W主演!ジョン・ウー監督、アノ名作を再映画化
メリル・ストリープ&トム・ハンクス初共演のポスターV解禁
イーサン・ホーク、役を受けた理由は妻との「約束」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebookでコメントする