プレスパス!-エンタメ情報を毎日配信-

メリル・ストリープ&トム・ハンクス初共演のポスターV解禁

メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演を果たす、スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(原題:The Post)よりポスタービジュアルが解禁となった。

スティーヴン・スピルバーグが現代社会に放つ強烈なメッセージ

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 仮メイン

1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国内には反戦の気運が高まっていた。国防総省はベトナム戦争について客観的に調査・分析する文書を作成していたが、戦争の長期化により、それは7000枚に及ぶ膨大な量に膨れあがっていた。ある日、その文書が流出し、ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープした。ライバル紙のニューヨーク・タイムズに先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと編集主幹ベン・ブラッドリーは、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する。真実を伝えたいという気持ちが彼らを駆り立てていた。しかし、ニクソン大統領があらゆる手段で記事を差し止めようとするのは明らかだった。政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた”決断”の時は近づいていた――

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

このたび解禁となったポスタービジュアルは、ワシントン・ポストの女性新聞発行人グラハムに扮したメリル・ストリープと、同紙の編集主幹ブラッドリーに扮したトム・ハンクスというアカデミー賞常連名優コンビが一堂に会した威厳漂うもの。強い信念を持って政府との戦いに立ち向かったふたりの勇敢な行動が、本作で待望の初競演を果たすストリープとハンクスによってどのように描かれていくのか、向き合う2人の背景に重厚なドラマを感じさせるデザインとなっている。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

監督を務めたスピルバーグは「メリルはキャサリン・グラハムという人物を本当に深いところまで掘り下げていた。私は監督として現場にいたのに、彼女がどうしてそれを可能にしたのか全く分からないよ」とストリープとの撮影を振り返り、一方ハンクスについては「トムが私の監督作品に出演するのはこれで5作目だが、トムは毎回私を驚かせる。彼自身の解釈によるベン・ブラッドリー像を目撃できたのは素晴らしい体験だった」と明かすなど、衰えを見せるどころか大物俳優としてますます深みが増しているふたりの演技力を絶賛。

また、製作のエイミー・パスカルも「トムとメリルが編集室のセットに入ってきた時、皆が驚きで口をぽかーんと開けてしまったわ。ふたりはグラハムとブラッドリーそのものだった。ふたりとも役に完全に成りきる俳優だし、とにかく驚異的だったの」とふたりの息の合った圧巻の演技バトルに感銘を受けた様子でコメントしている。

映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は、2018年3月30日(金)より全国ロードショー。

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

関連リンク

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』米GG賞、6部門にノミネート!
マット・デイモン、13cmの手のひらサイズに!『ダウンサイズ』
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』公開決定
権力の不条理を赤裸々に暴露する!『ザ・キング』日本公開決定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Facebookでコメントする